地震に対する用意

みなさんは地震に備えて用意をしているものはありますか?去年発生した東日本大震災でかなりの人が自然というものの力を再認識させられたと思います。地震はいつ、どこで、どのくらいの規模で起きるかは完璧にはわかりません。最近の研究では、ここ30年の間に、首都直下、南海、東海での大地震の発生率が高くなっている事がわかりました。そういった経緯から地震に対する用意をする人が増えています。昔、みなさんも学校などで警察や消防の方が防災について説明をしてくれた時に、地震などに対して用意しておくことやものを聞いたことがあると思いますが、当時は実感がわかず、ただ聞いていただけで実際に地震に対する用意をしてはこなかったと思います。そこで今からでも間に合う、地震に対する用意についていくつかポイントをお教えしたいと思います。地震に対する用意その①防災グッズを用意しよう!これがみなさんが知っている一番身近な地震に対する用意だと思います。自分で考えてグッズを用意しようとすると、意外にもあれやこれやでいっぱいになったりしますので、一番いい選び方は、実際に被災された方が欲しかったものやあって良かったと思うものを聞くということです。代表的なのは、水、保存食、衣類、懐中電灯、ラジオ、充電器、発電機、雨具、十得ナイフなどです。続いて、地震に対する用意その②家の中の家具に耐震対策を!実際に大きな地震が起きた時に、家具が倒れてきてケガをするという事例が多く聞かれます。そこでなるべく倒れないように家具を固定する事が大事です。今ではホームセンターなどで簡単に安く耐震用のグッズが売られています。重ねた大きな棚などを固定する、ガラス戸が簡単に開かないようにするなどで全然違ってきます。そして最後に地震に対する用意その③家族で話し合う!これはとても重要です。いくら①②をばっちり準備していても、これをしていなかったらいざという時にパニックになります。どこに防災グッズを置くのか、危険な家具はどれか、地域の避難場所はどこか、避難経路は、緊急時の連絡方法は、などを日常的に確認しておくことです。これをしているかどうかでまったく違ってきますのでよく考えて置いて下さい。