防災グッズを買おう

去年発生した東日本大震災によって日本は自然災害の脅威を再認識させられたと思います。地震、火事、津波、竜巻、豪雨などいつどこでどのくらいの規模で発生するかは進歩してきた科学でも完全な解明は不可能です。そのために、事前に準備をしておく重要性をたくさんの人が理解したと思います。避難経路、地域の避難場所、家族での話し合い、連絡方法、そして防災グッズの準備が挙げられると思います。今ではネットショッピングなどで防災グッズを購入することができます。そこでネットショッピングで防災グッズを購入するときのポイントをいくつかご紹介したいと思います。やはり東日本大震災を経験して、各販売店はネットショッピングで防災グッズの販売に今まで以上に力を入れているようで、ネットで「ショッピング 防災グッズ」と検索すると大手のホームセンターやショッピングセンターなどのネットショッピングのサイトがかなりの数ヒットします。そのネットショッピングで防災グッズを購入すれば、お店に出向いて重たいものをいくつも買って運ぶ必要はありません。例えばネットショッピングで防災グッズを探した時に、5人から10人用で防災マニュアル付きの避難セットという形で15品種がまとまって購入する事ができます。中身はというと、寝具やハンドジェル、懐中電灯、軍手、ティッシュ、マスク、かっぱなどが入っています。その他には、緊急持ち出し袋ということで、避難、停電、断水といった用途別に必要なものが何点かセットになっているものもあったり、個別に、停電時にLEDライト、交通マヒ時に折りたたみ自転車、閉じ込められた時に非常ベルなども人気があります。こういったものを用意しておくのとしておかないのでは緊急時に格段の差が出てきます。これは被災された人の声でも多く聞かれたものです。しかし、準備をした、というだけではまだまだです。防災グッズをどのようにして使うのか、その知識が必要ですし、家族で定期的に確認したりするなど日頃からの意識が一番重要だと思います。