防災に備えるグッズ

去年日本を襲った東日本大震災ですが、この影響で私達は自然災害の恐ろしさを再認識することとなったと思います。未だ余震も続き、事態の収束は終わっていません。さらに最近の研究では、この30年の間に首都直下型や東海、南海などに大地震が来ると言われていて、多くの人は地震に備える準備をし始めていると言われています。今まで学校などで警察や消防の方が防災訓練を行って、火事や地震に備える為にはどうしたらいいかという説明を受けた事があると思いますが、だいたい当時は本気で考える事はなく、どうせ何も起きないだろう、起きても自分は大丈夫といった気持ちでいたのではないでしょうか?恥ずかしながら私もそうでした。しかし、この東日本大震災によって地震に備える重要性を再認識して、実際に被災していなくても考えなくてはいけない、そういった気持ちにさせられました。そこで今回は地震に備えるポイントをいくつかご紹介したいと思います。これを期にみなさんもどうすれば被災した時に少しでも困らなくできるかを一緒に考えていきましょう。では地震に備えるポイントその1、家具を固定する!地震時には大きな揺れによって家具が倒れ、それによってケガをしてしまうことがあります。壁に固定する、ガラス戸が簡単に開かないようにする、重ねているものは一つにくっつけるなどの予防をしましょう、今ではホームセンターなどに専用のグッズが売られています。地震に備えるポイントその2、懐中電灯を用意する!もし夜中に地震が起きて停電にでもなったら大変です。被災者のかたの声でも多かったのですが、懐中電灯は必ず用意しておきましょう、さらに保安灯があれば懐中電灯を取りに行く間に便利です。つづいて地震に備えるポイントその3、家族で話し合う!これはかなり大事です。まずはどこからどうやって避難するか、避難場所はどこか、そこまでの避難経路の確認、家族がバラバラになった時の連絡方法、防災グッズの準備など予めわかっていればいざという時にかなりの力を発揮し、思っている以上の効果があります。