地震時に必要な防災グッズ

去年発生した東日本大震災はみなさんの記憶にも新しいと思いますが、あの日以来私達は自然災害の恐ろしさを再認識させられたと思います。そこで多くの人が考えているのが、地震時に必要な防災グッズを用意するということです。この地震時の防災グッズは、学校などで警察や消防のかたが防災訓練などを行った時に必ず説明してくれるのですが、私もそうでしたが、やはりその時には真剣に考えてはおらず、地震時の防災グッズを用意しておけば便利ですが、実際に用意しておくことはありませんでした。つまり自分が実際に体験してみてやっとその重要さに気付くのです。しかし、今回の東日本大震災では、被災されていない方々もその重要さに気付き、また首都直下型や南海、東海大震災の発生確率が高いという報道などの情報を聞いて地震時の防災グッズを実際に準備している人も増えているのです。私も家族と話をして簡単ではありますが、寝室に置いてあります。この地震時の防災グッズは自分で考えて用意するのもいいのですが、一度用意してみるとあれもこれもとなってしまったり、本当に必要かどうかがわからなかったりするものです。そこで用意するにあたっては実際に被災された方の声を聞くのが一番だと思います。以外にもそういった方からすると、ピクニックの用意に思われたりすることもあります。ではどういったものが必要とされているのでしょうか?地震時の防災グッズとして必要とされているものをいくつか挙げてみたいと思います。まずは水と食料、これは誰でも当たり前に用意します。続いては常備薬、もし持病などがあるかたは必ず用意しておきましょう。そして懐中電灯と充電器です。さらにラジオと一体化したものであればなおいいです。今は携帯があるからいいやと思っていてもラジオは必要だという声が多くありました。携帯は充電が切れたら使えません。被災時には連絡をとることが多く、すぐに充電がなくなってしまうそうです。充電器をもっていても簡単にいつでも充電することができない環境になってしまうということです。みなさんも一度地震時の防災グッズについて考えてみてはいかがでしょうか。