防災用保存食を買う

最近の日本は、自然災害による被害が相次いでいます。その代表が去年の東日本大震災ではないでしょうか。その被害状況から多くの人が、自然の強さと怖さを再認識して、いつなにが起こっても良いように予め準備をしておくことの大切さを知ったと思います。例えば、非常時持ち出し袋というものがあります、これには被災時に必要なものを予め用意して置いておき、いざという時にすぐに持っていけるようにするもので、水や保存食、懐中電灯などが挙げられます。ではその中で保存食について考えてみたいと思います。私も家には保存食を置いているのですが通販で買ったものが多くあります。そうです、現在は保存食も通販で購入する事ができるのです。保存食を通販で購入すれば、まとめ買いもでき、たくさんの重い荷物を持ち運ぶ必要もありません。さらに保存食を通販で購入する利点は、近所のスーパーではその種類が少ないということです。保存食はスーパーにはあまり置いていません、インスタントや冷凍のものはありますが、いわゆる保存食というのは通販で買うほうが自分の好みに合うものをたくさんの種類の中から選べますので、食の種類や材料、値段、量などで選べるのです。では保存食の通販で購入できるものにはどんなものがあるのでしょうか、いくつかご紹介します。まずは、温めないでもおいしいカレーです。よくあるのは、お湯で温めたり、ご飯にかけてレンジにかけるようなレトルトのものがありますが、それがあたためなくてもおいしいというものなのです。被災時には調理道具もガスもない場合がありますのでそのままでおいしく食べれるものがあると便利ですよね!他には、缶に入っているパンです。長期保存が効くパンで、やわらかくしっとりとして何種類かの味もあります。さらに最近の缶は缶切りが無くても開けられるように工夫されています。他には定番の水やご飯、お菓子としても好まれているクラッカーなどがありますが、変わったところでは、おでん缶、肉じゃが、筑前煮、牛丼、マーボー丼、ハンバーグなどさまざまな種類のものがあり、保存食といっても通常の料理と変わらないものが増えてきて、被災時のストレスも軽減できるようになってきたのです。みなさんもこれを期に一度保存食を通販で購入してみてはいかがでしょうか?