防災グッズは持ち出し袋から

今、日本ではさまざまな自然災害がその猛威をふるっています。地震や豪雨、竜巻、津波など、人間の予想を超えた強さをもって私達に被害を与えることがあります。去年に発生した、東日本大震災もそのひとつだと思います。そういったことから自分を守る為にはいろんなことが必要です。その中で役に立つのが、地震時の持ち出し袋と呼ばれるものです。正確には、非常時持ち出し袋です。この地震時の持ち出し袋というものを正確に理解して事前に準備をしておけば、いつどこでおこるかわからない地震に対してかなりの効果を持つ事になります。この地震時の持ち出し袋、非常時持ち出し袋という言葉を聞いた事がある人は少ないのではないでしょうか。これは、災害などによる非常時に持っておくべきサバイバルグッズとでも言うべきものです。地震時の持ち出し袋というものは学校などで避難訓練をしたときに警察や消防の方が説明してくれることもありますが、たぶんその時に地震時の持ち出し袋の内容を覚えている人は少ないのではないでしょうか、人間は悲しいもので、頭でいくら分かっていても、実際に自分で体験しないと本当に大事だということがわかりづらいものです。私も実際に、地震時の持ち出し袋なんて知らないなぁ、と言ったことがありました。しかし、去年の東日本大震災が発生して、直接被害にはあっていませんが、地震時の持ち出し袋の大切さがわかり、今では家にしっかりと準備するようになりました。では実際にその地震時の持ち出し袋には何を入れたらいいのでしょうか?消防庁では具体的に必要最低限のものをラインナップして公表しています。それをそのまま入れておけば問題ないとは思いますが、実際に被災された人たちの声を聞くのが一番だと思います。まず必ずいるものとして、水!これはまず間違いなく必要です。非常食を食べようと思った時にも水が必要になるものも多いです。家族分の量を考えて準備しておきましょう。こんなものが欲しかったという声の中には、懐中電灯、ラジオ、衣類、かっぱ、ナイフ、ライター、発電機、充電器などといったものが挙げられます。みなさんも一度家族と話して準備してみてはいかがでしょうか。