地震に備えること

最近心配なのが地震です。昨年の東北での地震は私達日本人に自然の強さを再認識させるものとなりました。最新の研究では、今後30年の間に南海や東海、首都などで大型の地震が発生する確率が年々高くなっているというデータが出せれており、今では地震に備えておくことが必要不可欠だと考えられています。私達が出来る一番簡単な地震に備えてのこととしては、正しい知識を得るということだと思います。国がアンケートを取った結果、地震が起きた時に気をつけることとしてみなさんが考えているのは、火元の確認だったそうです。これも重要なことなのですが、まずは自分の身の安全を図る事が第一です。火元の確認は揺れが収まってからでも大丈夫だと消防庁も言っています。ではその他の地震に備えての大事なポイントをいくつかご紹介したいと思います。地震に備えてポイント1、家具などの転倒・落下を防ごう!専用の金具などで固定する、ガラスが飛び散らないようにする、高いところに危険なものを置かないといったことが挙げられます。続いて地震に備えてポイント2、非常時用に防災グッズや非常食を準備しておこう!リュックなどに入れていつでも持ち運べるようにしましょう、中身としてはこちらも消防庁から必要最低限の防災グッズとして以下のものが紹介されています。印かん、現金、救急箱、貯金通帳、懐中電灯、ライター、缶切り、ロウソク、ナイフ、衣類、手袋、ほ乳びん、インスタントラーメン、毛布、ラジオ、食品、ヘルメット、防災ずきん、電池、水、これらは準備しておくことに損はないでしょう。続いて地震に備えてポイント3、家族で話し合っておこう!家族内でもし地震が起きたらそれぞれどうするかを確認しておきましょう。これをしておくのとしてないのでは実際に地震が発生したときに雲泥の差です、さらには地域での防災の取り組み内容や避難場所、避難経路などもいっしょに確認しておくといいでしょう。