会計を学んで利益を作る

会計を学んでおくと経営をするときに便利です。
なぜならお金を管理することが利益を保つ方法であり、その管理するには、会計の仕組みを知っておいた方がいいからです。
売り上げ、費用、利益、この3つがあることを最低限でも知っていないとどんぶり勘定になります。
1年前の今日、2年前の今日、3年前の今日の売り上げを見ることができれば、明日の売り上げを大体把握することが出来ます。
もしも今日の売り上げが10万円だとしても2年、3年前の売り上げが50万円なら、明日の売り上げが10万円を越えることを予測することができます。
会社が利益を上げ続けるには仕組みがきっちりできていなければなりません。
それを会計が教えてくれるのです。
感覚だけでは経営できないのです。
もし出来ていても人の集まりです。
組織と呼べるようなものではありません。
そのような仕組みがあるからこそ、日々安心して眠ることができるのです。
会計を学ぶことは1人1人が情報起業者になる現代においては必須のことです。