会計相談についての相談相手

私が勤めている歯科医院では、すべての会計相談は専門の税理士さんにオマカセしているようです。
この春から、経営状態の悪化を理由に、勤務形態は今までどおりでありながら、雇用形態は正社員からパートへと変わることになりました。
雇用保険や健康保険の加入は、これまでどおり引き続き継続できたのでよかったのですが、やはり心理的に正社員とパートではかなりの差があります。
経営状況の建て直しのため、税理士の知恵を借りてなんとかやっていると言っていますが、会社と違い個人経営の医院なので、自分たちの家庭事情が仕事の方にも影響を及ぼしてきて、このあたりはつらいところです。
3人の子供のうち、2人を中学から私学へ通わせはじめたことが、いちばん人件費という出費を抑えたい理由だと思います。
けれど、医院あっての仕事ですから、これも仕方ないこととあきらめています。
今は、会計のプロである税理士がどのような改善策を打ち出してくれるのかに、期待しているところです。